ここから本文です

職員紹介

職員紹介

総務部

国保連合会への志望動機は?

 大学在学中、国の歳出経費の多くを占める社会保障関係に興味を持ち、関連科目を履修するなどしていました。就職活動では、社会の基盤を支える公共性の高い仕事に携わりたいと考えていましたが、業界研究していく中で、本会の存在を知り、関心のあった社会保障の分野に関わる仕事ができるのではないかと思い受験し、現在に至ります。

現在の担当業務とそのやりがいは?

 経理部門に在籍し、予算編成等の業務に携わっています。制度改正や人口構造の変化、クラウド化等情報技術の発展等、あらゆる社会情勢を踏まえて、将来の業務量や事務経費の規模を推計し、予算化しています。取扱う情報が多いとともに本会の収支を扱うという緊張感から、非常に厳しい場面もありますが、予算が成立した時には達成感を感じます。

働いている職場の雰囲気は?

 これまで、私が一緒に働かせていただいた方々の多くは、困った時は相談しやすく、風通しの良い職場と感じています。自分の業務の都合がつけば、比較的休暇も取得しやすい環境であると感じています。

志望者へのメッセージ

 本会の強みは、社会保障に関して幅広く業務を行っていることです。各種給付費等の審査支払事務をはじめ、保険者事務をサポートする部門、被保険者の健康増進に関わる部門等、多岐に渡っており、いずれも社会的に意義のある仕事と思っています。職種も審査、システム、総務部門等、様々あるので、自分に合った業務を見つけやすいかもしれません。興味を持っていただけたら、ぜひ応募していただき、共に邁進していけたら幸いです。

システム管理部

国保連合会への志望動機は?

 私は公共性が高く、広く社会に貢献できる仕事に興味がありました。
 そのような中、多摩しごとセンターが八王子市で開催した合同説明会で国保連合会のことを知り、国民健康保険と直接的な繋がりのある公共性の高い業務に魅力を感じ、志望しました。

現在の担当業務とそのやりがいは?

 保険医療機関等から提出される診療報酬明細書等をオンラインで受け付けるオンライン請求システムや、診療報酬明細書等の事務点検等を行うレセプト電算処理システム、端末で診療報酬明細書等の審査を行う画面審査システムの運用管理を行なっています。
 診療報酬明細書等の請求に関する疑義やトラブルを保険医療機関等と直接やりとりしながら解消する機会が多く、気を配ることも多いですが、社会の役に立てていると実感しています。

働いている職場の雰囲気は?

 システムの運用管理を行う中で、仕組みや用語など分からないことも多々ありますが、上司や先輩の方が、親身に相談に乗ってくれますので、一人で抱え込むこともなく、とても働きやすい環境です。

志望者へのメッセージ

 本会の業務は全体的に専門性が高く、初めは理解するのに時間がかかると思います。
 しかし、上司や先輩が丁寧に指導してくれるため、きちんと業務を理解し、ステップアップ出来るので自分自身の成長や、仕事に対するやりがいを実感できる職場です。
 もし興味を持たれましたら、是非一度WEBセミナーをご覧いただければ幸いです。
 皆さんとお会い出来るのを楽しみにしています。

保険者支援部

国保連合会への志望動機は?

 私は都内で働きたいという軸で就職活動をしていました。そのような中で本会の募集ページを見つけ、特に「診療報酬等の審査支払」という事業内容について、医療機関で診療を受けた際の窓口負担額以外のお金の動きがどうなっているのか興味を持ち、説明会に参加しました。社会に貢献できるような仕事であり、福利厚生も充実しており働き続けやすい職場だと感じたため、採用試験を受けました。

現在の担当業務とそのやりがいは?

 区市町村及び後期高齢者医療広域連合と接する業務を行っています。区市町村に対しては利用するシステムの操作方法や問題の解決策を案内し、後期高齢者医療広域連合に対しては帳票や請求書のやり取りなどの総合的な窓口業務を行っております。色々なケースに対応するための業務知識が必要ですが、難しいケースに対応すればするほど、円滑な制度運営に役立っている実感があり、やりがいに繋がっています。

働いている職場の雰囲気は?

 私の所属している課は3つの係で構成されており、同じ課であっても係ごとに業務が全く異なります。ただし、突発的な出来事に関しては他係の業務支援を行うこともあり、課でまとまって職務に臨んでいます。気にかけてくれる先輩もたくさんおり、たとえ何かあったとしても親身に相談に乗ってくれるため、一人で抱え込まずにいられる職場です。

志望者へのメッセージ

 入会直後は社会保障に関する仕事に対して、本気で熱意を持てていたかというと、私はそうでもありませんでした。
 しかし、気持ちは後から付いてきます。勤続年数を重ねるごとに、社会保障に関するニュース等へのアンテナが広がっていき、国の会議で議論されているのを見ると国民皆保険の制度を守っていくためにも私が本会を支えていかなければいけないという気持ちが強くなってきました。
 社会保障に少しでも興味があれば、まずはWEBセミナーをご覧いただけたら幸いです。

審査第1部

国保連合会への志望動機は?

 大学卒業後は民間の企業に勤め、営業として働いていましたが、利益を追求するよりも、より平等に、多くの人の役に立つ仕事がしたいという考えで改めて仕事を探しているときに連合会を知りました。公共性が高く、日本の国民皆保険制度を支えている仕事なので、多くの人の役に立つことができると思いました。

現在の担当業務とそのやりがいは?

 現在は病院から提出された診療報酬明細書(レセプト)の内容を一件ずつチェックする仕事をしています。診療報酬明細書とは、患者さんに行った医療行為が点数化されたものです。罹患している病気と処方されている薬や行われている手術を照合し、適切かどうかを確認するので、専門的な知識が求められます。病気や症状は人によって千差万別のため、毎日新しく知ることがたくさんあり、刺激があります。医療機関とのやり取りも多く、保険制度を維持していくにあたって重要な仕事を担っているという責任感ややりがいを毎日実感します。

働いている職場の雰囲気は?

 私の部署は診療科毎(内科、外科等)のチームに分かれて診療報酬明細書の内容を確認しており、チーム内では、毎日進捗状況などについて声を掛け合いながら仕事を進めています。仕事が多いときはチームを超えて助け合って仕事を進めています。わからないことがあれば教えあうということが浸透しているため、風通しの良い職場です。

志望者へのメッセージ

 志望していた当時は、公共性が高く多くの人の役に立つことができそうな仕事だと感じていたものの、診療報酬の審査・支払という仕事についてあまりにも馴染みがなく、実際の仕事内容まではイメージできていませんでした。そんな私でも今は先輩方に教えていただきながら、やりがいをもって毎日仕事ができていますので、ぜひ安心してチャレンジしてみてください。

審査第2部

国保連合会への志望動機は?

 営利を目的とせず社会のために働ける場所で仕事がしたいと考えて就職活動を始めたのが本会を志望したきっかけです。特に、国民が安心して医療を受けるために必要不可欠な国民健康保険の制度を支えられるという点に大きな魅力を感じ、数ある非営利団体の中から「ここで働きたい!」と強く感じるようになりました。

現在の担当業務とそのやりがいは?

 現在は医療機関から提出された診療報酬明細書(レセプト)がルールに沿って作られているかどうかの点検・審査に携わる業務を担当しています。その中でやりがいを感じる瞬間は、点検結果について医療機関の方へご説明し疑問点を解決できた時です。「なるほど、ありがとうございます」というお言葉にいつもやる気をいただいています。

働いている職場の雰囲気は?

 私が所属している部署は主に3年目までの若手からベテランまで幅広い年齢層の職員で構成されています。そのためベテラン職員にたくさんのことを教えていただきながら成長していくことができる有難い環境だと感じています。
 また同期や先輩後輩同士仲が良いため、仕事に対する緊張感はありながらも明るい雰囲気の職場です。

志望者へのメッセージ

 本会の業務内容をみると「専門性が高くて難しそう」と考える方もいるかもしれませんが、安心してください。研修やOJT制度が充実しているためゼロからのスタートでも十分知識をつけることができます。そのため本会に興味を持ってくださった方はぜひ心配せず試験を受けてみてください。
 自分の働きが日本に必要不可欠な制度を支える一端になっていると思うと、大きなやりがいが湧いてきます。ぜひ私たちと一緒に、国民健康保険を支える一員として働いていきましょう!