ここから本文です

職員紹介

総務部

国保連合会への志望動機は?

 私は、医療の発展や高齢化の進む現代社会の状況から、国民皆保険を支える国民健康保険制度に興味を持ちました。そして、この制度の重要性を実感するとともに、携わる仕事につきたいと考え、国保連合会への就職を志望しました。

現在の担当業務について教えて下さい!

 私の所属する総務部総務課の担当業務は、本会の基幹会議の運営をはじめ、事務所管理や関係団体との連絡調整、事業継続計画(BCP)の運用等、多岐にわたります。すべてに共通しているのは、本会職員が安心して、円滑に仕事のできる環境を整える仕事であるという点です。
 一つのミスが本会全体に影響を与え得ることから、部署全体で協力し、細心の注意を払いながら業務に取り組んでいます。

働いている職場はどのような雰囲気ですか?

 職員間の関係は良好です。わからないことがあれば聞きやすく、人手が足りなければ協力し合える雰囲気ができていると感じています。

志望者へのメッセージ

 昨今、持続可能な社会保障制度の確立に向け検討・議論が続けられている中、国民健康保険制度について、今後大きな変革があることも予想されます。日々働いていくうえで、こうした大きな変化も小さな変化も様々ありますが、それらに対応していくことはとてもやりがいのある仕事です。
 本会に興味を持っていただけましたら、ぜひ職場説明会に参加していただければと思います。

保険者支援部

国保連合会への志望動機は?

 仕事を通じて社会や人の役に立てることに関心があり、その中でも公的な機関を探していたところ国保連合会の存在を知り、説明会や先輩方とお話しする機会を通じて興味を抱きました。国保連合会が日本の「国民皆保険制度」を支えている重要な審査支払機関であることに魅力を感じ志望しました。

現在の担当業務について教えて下さい!

 私の所属している部署では、国保の二次点検業務に係る保険者(区市町村や国保組合)の運用を支援しています。二次点検とは、医療機関から請求されたレセプトを本会で審査した後、区市町村や国保組合で行われるレセプトの内容点検のことを指します。具体的には、保険者がレセプトの内容点検時に使用する保険者サービス系システムの各種機能の操作方法やその他問合せに対応しています。
 その他にも保険者の円滑な運用を支援するために必要な各種データや簡易ツールも提供しています。

働いている職場はどのような雰囲気ですか?

 現在所属している部署の係は5名と少人数ですが、わからないことや気付いたことがあれば、質問や意見をしやすい環境にあり、風通しのいい職場だと感じています。日々の業務では、保険者や本会内部の関連部署から様々な問合せがあり、その場での回答が難しいものについては先輩方に相談・質問し、回答しています。

志望者へのメッセージ

 連合会の業務は中々イメージのしづらい業務かもしれません。私自身も就職活動を通じて初めて国保連合会を知りました。国保連合会の採用試験を受けるか検討していた際に「専門知識がないとついていけないのでは?」と不安が過ぎる時もありました。しかし、実際は、専門知識がなくても仕事を通して学ぶことができ、さらに先輩方のフォローがしっかりしていますので入ってからいくらでも成長できる機会があります。是非、一度国保連合会の説明会に足を運んでいただき、少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

国保連合会への志望動機は?

 初めは、東京都国民健康保険団体連合会という組織自体全く知らず、たまたま紹介された求人情報を基に説明会に参加しました。説明会をきっかけに、今まで病院で何気なく負担していた医療費の仕組みに興味が湧き、日本は「国民皆保険制度」という世界でもっとも優れた保険制度を行っていることを知りました。その制度の一端を担えることに魅力を感じた点と福利厚生がとてもしっかりしていたので志望しました。

現在の担当業務について教えて下さい!

 区市町村役所から国民健康保険に加入している被保険者の資格情報を受領し、資格の管理を適正に行うために必要な情報を区市町村役所へ提供しています。また、東京都から委託を受け、国民健康保険に関する算定支援業務を行っています。いずれも、国民健康保険被保険者や国保の財政に大きく影響する大変やりがいのある仕事です。

働いている職場はどのような雰囲気ですか?

 上司に対して意見や相談もしやすく、風通しの良い職場だと思います。
 自分自身も係長として部下や後輩からの話をよく聞いて、雰囲気を良くできるように心掛けています。
 また、私が現在所属している係は係員3名の少人数ですがお互いに協力し、休暇も取りやすい環境にあると思います。

志望者へのメッセージ

 本会は専門性の高い部署が多く存在します。しかし、私自身もそうでしたが、まず初めは専門的な知識は一切必要ありません。上司や先輩が丁寧にサポートしてくれるので安心してください。業務内容も多岐に渡るため、色々な部門での経験を積むことができ、とてもやりがいのある仕事です。
 また、休暇制度やレジャー施設・宿泊施設の割引等、福利厚生もしっかりしており、ワークライフバランスがとりやすい環境にあります。
 是非一度、説明会にお越しください。

審査第1部

国保連合会への志望動機は?

 多くの企業の説明会に参加していくことで、公的な仕事(なくてはならない仕事)の重要性を感じていきました。その中で、診療報酬明細書の審査支払業務という国保連合会が担う公共性の高い仕事を知り、魅力を感じ志望しました。

現在の担当業務について教えて下さい!

 医療機関から提出された診療報酬明細書の請求内容の確認、保険者から申し出のあった明細書の確認、医療機関から申し出のあった明細書の確認を行っています。いずれも、診療報酬明細書が保険のルールに則ったものであるかを確認する処理であるため、審査支払機関としての責務が問われる重要な業務を行っています。

働いている職場はどのような雰囲気ですか?

 診療科ごとにチームを組み、それぞれが専門性を持って仕事にあたっているため、わからないことがあれば互いに補完し合える体制になっています。
 また、一定期間内に膨大な件数を処理する業務であるため、お互いに協力し合い業務を遂行しています。

志望者へのメッセージ

 日本の高齢化が進み、今後も医療費が増嵩するとともに、少子化が進み人口減少社会となることが見込まれる中で、被保険者の負担の増加、税負担の増加に対しては厳しい目が向けられています。その中で、医療費の適正化を本会が行っていくことは大きな社会貢献になると思います。

審査第2部

国保連合会への志望動機は?

 就職活動において様々な企業説明会に参加し話を聞く中で、本会の営利を目的とせず社会の基盤を支えるという事業内容に魅力を感じました。その一端に関わり、やりがいのある仕事がしたいと思ったことがきっかけとなりました。

現在の担当業務について教えて下さい!

 本会では、国民健康保険及び後期高齢者医療に係る診療(調剤)報酬等について、レセプト審査及び支払を行っています。その中で私が所属する過誤調整係では、保険者(区市町村や国保組合)における再度の点検の結果、資格喪失、その他減額が必要となる事由等が発生した場合に、医療機関等へお知らせをしています。
 都内保険者や医療機関をはじめ、他道府県連合会との調整業務など、内容は多岐にわたりますが、担当ごとに日々切磋琢磨しながら業務に取り組んでいます。

働いている職場はどのような雰囲気ですか?

 配属された当初は分からないことばかりでとても不安でしたが、先輩職員の方々が「質問しやすい環境」づくりをして下さるおかげで心配事や悩み事を話すことに戸惑うことなくいつでも相談することが出来るようになりました。
 知識や経験が必要とされる業務ではありますが、常に好奇心を持ちながら取り組むことで自分自身を成長させることが出来る職場だと感じています。

志望者へのメッセージ

 本会の事業内容は多岐にわたり専門性の高い知識を求められることもあるため、初めは不安に感じるかもしれません。しかし、新しいことを学ぶ楽しさや喜びを感じられる環境であると共に、それをサポートしてくださる方が沢山いる職場です。ぜひ一度、職場説明会に参加し、実際の雰囲気を感じてみて下さい。