メニュー

電子媒体による請求

 

このページは医療保険の請求に関するページです。

 

介護保険の請求に関するお問い合わせはこちら

障害者総合支援給付費等の請求に関するお問い合わせはこちら

 

よくあるお問い合わせを「電子媒体による請求Q&A」に掲載しております。
お問い合わせの前にご確認ください。

 



ご覧になりたいメニューをクリックしてください。(このページ内の該当箇所に遷移します)

  1. オンライン請求のメリット
  2. 電子媒体による請求の手続きについて
  3. 届出関係
  4. 電子媒体による請求方法
  5. 受付エラー連絡票について
  6. 電子媒体による請求Q&A
  7. 電子媒体請求に関する参考情報等


 

 

●関係通知・問い合わせ先等

厚生労働省ホームページ(保険医療機関・薬局におけるオンライン請求等)(外部リンク)

 

オンライン請求への移行に向けて (オンライン請求の割合を100%に近付けていくためのロードマップ)

厚生労働省より、レセプトのオンライン請求の割合を100%に近づけていくためのロードマップが示され、オンライン資格確認を導入済みのすべての医療機関・薬局が令和6年9月末までにオンライン請求に移行することを目指すこととされております。 詳細は下記ホームページをご参照ください。

 

<国民健康保険中央会ホームページ>

https://www.kokuho.or.jp/system/online/index.html

ホーム>システム情報>オンライン請求システム

①オンライン請求のメリット

レセプトの提出はオンライン請求が便利です!

オンライン請求のメリットについて

オンライン請求へ移行するための手続き

②電子媒体による請求の手続きについて

保険医療機関・保険薬局は、電子媒体による請求を開始する際に届出書類を国保連合会及び支払基金へ提出します。

届出提出後、電子媒体による請求が開始できます。

提出期限 請求開始する月の前月の20日まで

③届出関係

請求開始による届出

光ディスク等を用いた費用の請求に関する届出

確認試験

光ディスク等を用いた費用の請求に係る確認試験依頼書

国保連合会へのレセ電届提出は、FAXまたは郵送にて受付しております。
FAX番号:03-6238-0097

④電子媒体による請求方法

提出期限

毎月10日まで

郵送の場合は消印有効ではなく10日必着

電子媒体による請求の留意事項

ご提出の前に以下をご確認ください。

 

  1. 電子媒体にデータが記録されていること
  2. フォルダを作成していないこと(※1)
  3. データのファイル名が正しいこと(※2)
  4. 提出先審査支払機関が「国保連合会」であること

 

(※1)フォルダが作成されていると受付できません

(※2)医科は「RECEIPTC.UKE」、DPCは「RECEIPTD.UKE」、歯科は「RECEIPTS.UKE」、

    調剤は「RECEIPTY.CYO」です。それ以外のファイル名では受付できません

電子媒体への表記

電子媒体に必要事項を記載のうえ、ご提出ください。記載方法は下図をご参照ください。

なお、確認試験で提出する電子媒体には、余白に「試験用」と朱記してください。

 

電子媒体用総括請求書

電子媒体には、必ず総括請求書を添付してご提出ください。

電子媒体用診療報酬総括請求書(医科)
電子媒体用診療報酬総括請求書(歯科)
電子媒体用調剤報酬総括請求書(調剤)

⑤受付エラー連絡票について

請求開始後、提出したレセプトに対して受付エラーが発生した際に送付いたします。
エラーメッセージ冒頭の数字(4桁)が2000番台については、受付不能で受付ができなかったレセプトになります。

受付ができていないため、該当レセプトのエラー箇所を修正の上、月遅れとして再度、請求していただく必要が

あります。
4000番台については、受付済みですので再度請求は必要ありません。

 

受付エラー連絡票のエラーコードの見方、件数のカウントについては下図をご参照ください。

 

 

⑥電子媒体による請求Q&A

電子媒体による請求Q&Aの詳細はこちら

⑦電子媒体請求に関する参考情報等

『診療報酬情報提供サービス』

https://shinryohoshu.mhlw.go.jp/shinryohoshu/

※ 各種制度改正情報や点数表、薬価基準、磁気レセプト作成のための基本マスター等が提供されています。

このページについてのお問い合せ先

システム管理課 レセプト電算係03-6238-0456

  • X