ここから本文です

新型コロナウイルスワクチン接種費用の請求等について

本会の役割

 新型コロナウイルスワクチン接種費用については、接種対象者は、原則、住民票所在地の医療機関等で接種を行い、その場合には、医療機関等は直接区市町村へ請求することとされております。
 一方、やむを得ない事情により、接種対象者が住民票所在地以外の医療機関等で接種を受けた場合(以下、「住所地外接種」という。)には、医療機関等は代行機関である国保連合会を通じて請求を行うこととされております。
 本会では、代行機関として医療機関等から住所地外接種分の請求を受け付け、区市町村への請求と医療機関等への支払いを行います。

予診票等の請求書類について

実施機関向け

請求時の留意点
 新型コロナウイルスワクチン接種費用の請求をするにあたり、V-SYSを用いて必要書類を印刷することとされておりますが、以下の点についてご留意願います。

  • 請求総括書・市区町村別請求書の「代表者氏名」について
     代表者氏名が表示されていることを確認した上で印刷いただきますようお願いいたします。
     また、印刷後、誤表記に気づいた場合は手書きで追記することも可能です。

  • 市区町村別請求書の「被接種者区分」について
     医療従事者の接種を請求する場合は「1 クーポン券なし」、医療従事者以外の接種を請求する場合は「2 クーポン券あり」で印刷いただきますようお願いいたします。
     また、印刷後、誤表記に気づいた場合は手書きで訂正することも可能です。

  • 接種券付き予診票(医療従事者用)の「市区町村番号」について
     請求先が北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県の市区町村である場合は、市区町村番号が6桁になっていることを確認した上で印刷いただきますようお願いいたします(先頭の0が省略されている事例があります)。
     また、印刷後、誤表記に気づいた場合は手書きで先頭に0を追記することも可能です。

医師会向け

実施機関への支払日等について

新型コロナウイルスワクチン接種について(リンク集)

このページについてのお問い合わせ先
  • 請求に関する内容について 進行調整課 進行調整係 03-6238-0459
  • 支払に関する内容について 支払担当課 支払担当係 03-6238-0327

無題ドキュメント